Life of Play & Music

芝居と音楽で生きている ~ YOKO MATSUOの舞台・ライブ情報

トゥバ奮闘旅行記 4 チャガタイ湖1

Posted by youko_mat コメントは受け付けていません。

チャガタイ湖ホーメイ強化合宿~千尋の谷底へ<6/10~12>

クズルで3泊した後、クズルから車で2時間ほどのところにあるチャガタイ湖畔での3日間のワークショップに出発する。

チャガタイ湖に着いてすぐ、その静かな湖面のあまりの美しさに感動して、水は冷たかったが、少し泳いだ。お天気も良くて超気持ちいい。ロッジも4人部屋ではあるが、なかなか居心地よさそう。クズルは結構ハードスケジュールだったが、ここではのんびりできそう。

と思ったのもつかの間、文字通りの強化合宿が始まった。

ワークショップは、初日は午後、2日目と3日目は午前と午後に行う。
先生は、ヴァレリー・モングーシュさんと、アンドレイ・ウッペイさん。
いずれも長年ホーメイを歌って来られた実力ある年配の男性で、普段はクズルから遠く離れた村で、遊牧を営んでいるとか。敬虔なラマ教の信者という風情である。

昼食が終わって、ホーメイマスタークラスを始めるから、参加者は男性のロッジに集合、と言われる。え?マスタークラス?初心者向けではないの?と思い、巻上さんに聞くと、もちろん初心者も参加してOKとのこと。ほっとして、購入したばかりのイギルを携えて集合。わくわく。

しかし、これはまぎれもなく“マスタークラス”であった。
いきなり、「さあ、イギルを弾きながら、私が歌う歌をまねて、1番は普通に、2番はホーメイで歌いましょう」てなことを、にこにこと言われる。(巻上氏の通訳付き)そんなことできるわけがない!獅子の子が千尋の谷に突き落とされた気分になる。
経験者は楽器も弾きながら、ちゃんと歌っている。3人が15日に行われるホーメイコンテストのソロ部門に参加するらしい。すごいな~。
頭の中ではほとんど「ホーメイはあきらめて、湖のバカンスを楽しむ」方向にシフトチェンジしながら、みようみまねでイギルの弦の上で弓を飛び跳ねさせ、やみくもに、だみ声を出してみる。もう、やけくそ。

それでも、去年も参加した人が親切に歌詞を写させてくれたり、呪文のようでさっぱりわからない歌詞の発音を教えてくれたりしたおかげで、なんとか3曲習うことができた。しかし1人になると、旋律がよく思い出せない。
これは相当早いペースだ。とてもついていけない~(涙)。

続く…

 

 

 

Comments are closed.

Site search